かじりたてのハングル 韓国語・朝鮮語の検定試験
KLAT(韓国語能力評価試験)
●検定試験トップ●かじりたてのハングルhome
●KLAT(韓国語能力評価試験)
☞公式サイト
☞韓国公式サイト
次回試験日<PBT>:
2015年10月25日
願書受付期間:
9月4日~9月27日

<今後の日程>
  成績発表予定:(初級・中級)11月9日 (上級)11月16日  
※成績確認は以下のページで...
☞成績確認のページ(韓国公式サイト)
日本での試験実施頻度:
年2回.

 ◇2015年の日本での試験日(予定)
<PBT> 5月17日,10月25日.
<IBT> 2月28日,7月4日,12月12日
※CBTは日本では実施されません.
※12月12日のIBTは日本では実施されないことになりました.
受験級と検定料:
初級・中級 (各級)4,500円
上級 5,000円
試験実施会場:
東京,横浜,大阪,広島,福岡.
※広島会場は初級のみ実施されます.
試験概要と合格基準:

<配点と試験時間>


初級 中級
聴解 90点[45分] 60点[45分]
語彙・文法 50点[30分] 50点[30分]
読解 60点[35分] 90点[35分]
200点[110分] 200点[110分]

上級
聴解 100点[50分]
読解 100点[60分]
(休憩10分)
書取り・作文 100点[45分]
300点[155分]

<合格基準>


初級 中級
140~200点 2級合格 4級合格
80~139点 1級合格 3級合格
79点以下 不合格

上級
240~300点 6級合格
150~239点 5級合格
149点以下 不合格
(6級が最上級で,級数が下がるごとに易しくなります)
※試験成績は受験日から2年間有効.
主管:
財団法人 韓国語能力評価院(KETS)
(日本では NPO法人 日韓コミュニケーション協会(JKCOM)が運営)
試験開始年:
2001年
 これまでの「KLPT(世界韓国語認証試験)」という試験名から,2013年に「KLAT」に名称変更されました.また,以前は500点満点のスコア制で,難易度に関係なく全受験者に同一の試験を実施する方式でしたが,2014年からは日本でも難易度別に初級・中級・上級の3つの試験が実施されることになりました.それに伴い,全問4択問題(マークシート)での実施から,上級のみ作文など記述式解答の問題が導入されています.初級と中級はこれまでどおり全問選択式(マークシート)で,上級も「聴解」と「読解」は選択式問題のみが行われます.
☞検定試験関連の書籍紹介
●気になる...!? 궁금증 풀기 ミニQ&A

【Q】受験対策用としてどんな書籍がありますか?
→改編後の試験の受験対策教材はまだ無いようです.

【Q】過去問は出版されていますか?
→改編後の試験の過去問はまだのようです.
改編後初めて韓国で実施された試験の問題・解答が公開されています.
☞公式サイトの過去問ダウンロードのページ

【Q】願書をネットで入手できますか?
→できます(☞公式サイトの申込方法のページ
郵送のほか,オンラインでも出願できます.

【Q】過去問はネット上で公開されていますか?
→はい(☞公式サイトの過去問ダウンロードのページ
公式サイトの トップページ では問題のサンプルも公開されています.

【Q】解答用紙のサンプルはネット上で公開されていますか?
→上級の作文問題用の原稿用紙のみ公開されています.
☞公式サイトの過去問ダウンロードのページ

【Q】記述式解答の問題もありますか?
→上級の「書取り・作文」のみあります.
その他はすべて4択問題(マークシート)です.

【Q】リスニングの問題もありますか?
→あります

【Q】面接試験はありますか?
→ありません

【Q】問題用紙は受験後持ち帰りOKですか?
→(不明)
※ご存知の方からの情報をお待ちしております.

【Q】受験結果をネットでも確認できますか?
→できます(☞韓国公式サイトの成績確認のページ

<追加情報>
韓国公式サイトで,初級・中級の語彙・文法リスト が公開されています.
(サイトマップ) (BBS) (ホーム)