かじりたてのハングル 韓国語・朝鮮語の検定試験
韓国語能力試験(TOPIK)
●検定試験トップ●かじりたてのハングルhome
●韓国語能力試験(TOPIK)
☞公式サイト
☞韓国公式サイト
☞韓国公式サイト(日本語)
次回試験日(第53回):
2017年7月16日
願書受付期間:
3月21日~4月14日
次々回試験日(第54回):
2017年10月22日
願書受付期間:
6月26日~7月21日
日本での試験実施頻度:
年3回(4月・7月・10月)

  ◇2017年の試験日(予定)
   第50回 1月15日(結果発表 2月2日)
   第51回 3月19日(結果発表 4月20日)
  ・第52回 4月16日(結果発表 5月25日)
  ・第53回 7月16日(結果発表 8月17日)
  ・第54回 10月22日(結果発表 11月30日)
   第55回 11月19日(結果発表 12月21日)

   ※第50回の試験は韓国でのみ実施されます.
   ※第51・55回の試験は日本では実施されません.
受験級と検定料:
TOPIKⅠ(1・2級)3,500円
TOPIKⅡ(3~6級)4,000円
併願 7,500円
(6級が最上級で,級数が下がるごとに易しくなります)
試験実施会場:

【第53回】
札幌,仙台,埼玉,千葉,東京,横浜,
長野,京都,大阪,神戸,
岡山,広島,下関,福岡.
試験概要と合格基準:

<配点と試験時間>

【TOPIKⅠ】
領域配点試験時間
聞き取り 100点[40分]
読解 100点[60分]
200点[100分]

【TOPIKⅡ】
領域配点試験時間
聞き取り 100点[60分]
書き取り 100点[50分]
(休憩30分)
読解 100点[70分]
300点[180分]

<合格基準>

【TOPIKⅠ】
140~200点 2級合格
80~139点 1級合格
79点以下 不合格
【TOPIKⅡ】
230~300点 6級合格
190~229点 5級合格
150~189点 4級合格
120~149点 3級合格
119点以下 不合格

※成績証明書の有効期間は,成績発表日から2年間.
主催:
国立国際教育院(NIIED)
(日本では韓国教育財団が主管)
試験開始年:
1997年
 韓国の国家機関が世界各国で実施しています.日本ではハン検とともに知名度が高く,05年以降の日本での受験者は毎回8千人前後で推移しています.韓国の大学では入学時にこの試験の合格級で語学力を判断するところが多く,韓国企業などでも語学力の判断材料に使われることがあるため,韓国留学や韓国企業への就職をお考えの方は事前になるべく上位の級に合格しておくと有利でしょう.級は1~6級の6段階ですが,韓国の各大学に付属する語学堂(留学生対象の韓国語教育施設)の一般的な級の設定と同様に,6級が最上級,1級が最初級となっています.

 以前は初級(1,2級)・中級(3,4級)・高級(5,6級)の3種の試験が実施されていましたが,第35回からはTOPIKⅠ(1,2級)・TOPIKⅡ(3~6級)の2つとなり,各級の合格点は試験問題作成後に問題の難易度を考慮して回ごとに設定される方式に変わりました.また,以前は「語彙・文法」「書き取り」「聞き取り」「読解」の4領域(=分野)の構成でしたが,「語彙・文法」領域が他の領域に含まれる形で廃止され,TOPIKⅠではさらに「書き取り」も廃止されました.これにより,1,2級の合格を目指す初級学習者は作文を含む「書き取り」領域の対策が不要となり,試験時間も短縮されて受験への負担が軽減されました.

 問題用紙の注意事項に英語が併記されている他はすべて韓国語で日本語は一切使われておらず,問題自体もハングルで書かれているため初めて受験なさる方は戸惑われるかもしれません.マークシートの塗りつぶしだけでなく,作文などの記述式解答欄の記入にも当日会場で配布される専用の水性ペンを利用しなければならくなってきており,訂正が困難でプレッシャーに感じるかもしれません.
☞検定試験関連の書籍紹介
●気になる...!? 궁금증 풀기 ミニQ&A

【Q】受験対策用としてどんな書籍がありますか?
→詳細は当サイトの TOPIK資料室 でご確認下さい.

【Q】過去問は出版されていますか?
→はい.
第35回の実施要綱改定後のものは次の1種類です.
TOPIKⅠとⅡの2冊が出版されています.解説はついていません.
●第35回+第36回+第37回+第41回 韓国語能力試験 過去問題集

【Q】願書をネットで入手できますか?
→第14回から日本でもオンライン出願が可能になりました.
オンライン出願はこちらのページから.
(郵送や各地の韓国教育院などでの入手も可能です)
(韓国ではオンライン出願のみ可能です)

【Q】過去問はネット上で公開されていますか?
→はい
☞韓国公式サイトの정보마당「既出問題と正答」(韓国語)(第2回以降)
☞studytopikの「자료실」(韓国語)(第2回以降)
☞当サイトのTOPIK資料室のページ(第7回以降)

【Q】解答用紙のサンプルはネット上で公開されていますか?
→はい.
☞当サイトのTOPIK資料室のページ(TOPIK改編関連資料)

【Q】記述式解答の問題もありますか?
→TOPIKⅡのみあります.(TOPIKⅠは全問選択式)

【Q】作文問題の採点基準はどうなっていますか?
当サイトのTOPIK資料室のページ(TOPIK改編関連資料)に
「TOPIKⅡ書き取り 答案作成方法」を転載しています.

【Q】リスニングの問題もありますか?
→あります(全級)

【Q】面接試験はありますか?
→ありません.
(将来導入される可能性がありますが,時期などは不明)

【Q】問題用紙は受験後持ち帰りOKですか?
→持ち帰れません.

【Q】受験結果をネットでも確認できますか?
→できます.
☞韓国公式サイトの成績確認のページ(韓国語)

【Q】成績通知だけでなく合格証も発行されますか?
→成績証明書が合格証を兼ねています.
成績証明書の再発行は,韓国教育財団の コチラ のページで申し込めます.

【Q】独自の解答速報を出しているサイトはありますか?
→(未確認.当サイトの掲示板にて情報をお待ちしております)
(サイトマップ) (BBS) (ホーム)